「フォントのふしぎ」の著者、小林章さんは、グローバル視点でフォントを見ていた。ーFONTPLUS DAYセミナー Vol. 7レポー

みなさん、こちらの本をご存知ですか?

フォントに興味を持ったとき、本屋に行ってまず手にとる本は、こちらじゃないでしょうか?

身近なブランドのフォントを取り上げ、「ああ、そうなんだ」「わかるわかる」と思わせられる語り口。豊富な写真。説得力のある並び。「言われてみなければわからない、でも、言われてみればわかる」を、やさしく伝えてくれています。

 

 

わたしは、この著者の方は、どんな方だろう?と、常日頃ずっと思ってきました。

そんなある日、デジハリの先生から、思いもかけないイベントがシェアされました。

な、な、なんと、あの小林章さんが、セミナーで登壇される!!!!

 

ってことで、行ってきました。

こちらが、小林章さん。

 

 

とってもおだやかな語り口です。

すぐにフォントのお話に入ると思いきやー、ご自身の紹介から始まります。

 

 

いま、小林さんは、ドイツ・モノタイプ社タイプディレクターです。

ということで、ドイツにいらっしゃるんですね。スライドは美しい写真ばかり。

ドイツって素敵〜^^……と、思っていたら、

小林さんの話は、カルチャーショックの話に突入。

小林さんがレストランでキッシュを頼むと……

こんな風に出てくるそうです。

 

 

……こ、これは……!! Σヽ(゚Д゚○)ノ

じゃがいもも、この通り。

 

 

な、なんやて!?ΣΣ(゚д゚lll).

 

日本人の感覚では、お茶碗に箸を立てるような印象を受けます。

でも、ドイツはこれが普通みたい。こちらの2枚の写真以外にも、ケーキにフォークが刺さっている写真など数枚が提示され、「ああ、これが本当に普通なんだ」と思いました。

 

で、どうして小林さんがこちらをご紹介されたかというと……

なんとフォントの世界でも、このようなカルチャーショックが起こっているとのこと。

 

「え?わたしたち、こんなフォントの使い方しないよ?」と思う使い方を、

海外で日本語も広告で使われるとき、されています。

そして、日本人も、アルファベットを使うとき、こんなおかしい使い方をされているんですね。

 

今回もイベントは最初の5分のみ撮影OKということで、今回も写真はここまで。

この後は、どんな風に欧文フォントを使うとおかしいのか、どう使っていくと違和感ないのか、という話がありました。欧文フォントの扱い方の詳しい情報は小林さんの書かれたこちらの著書に書かれていますので、是非チェックしてみて下さい!
       

イベント後半は、また最初の2分間撮影OK。

内容は、小林さんの所属されるモノタイプ社で最近リリースされた「たづがね角ゴシック」について。

 

発表は、小林さんと一緒にお仕事されたデザイナーの山田さん。

 

 

上の写真は、山田さんが「こちらからも撮影してよいですか?」とこちらを撮影している模様です。

 

 

たづがね角ゴシックは、交通標識などに利用した時、その真価を惜しみなく発揮します。

普通に見ていると、最近流行りの細いゴシックもかっこよく見えるのですが、たとえば霧が濃い、視界が悪い、標識を斜め横から見る、下から見る……そういったシチュエーションのときに、ものすごく見やすいです!

詳しくは、是非こちらのたづがね角ゴシック公式ホームページを御覧ください。

 

(出典:http://www.monotype.com/jp/フォント/たづがね角ゴシック/)

 

イベントの最後は、小林さんの著書のプレゼントじゃんけん会。

 

 

こちらはじゃんけん勝ち抜き、プレゼントをGetされた方。

写真の「欧文書体」の本は、プレゼントの本とは違うのですが、おうちから持ってこられたみたいです。たぶんサインをもらわれたのだと思います。いいなぁ。。^^

 

 

お話聞いてみると、やはりデザイン系の文字を扱われるお仕事とのことでした。

 

わたしは、イベントでじゃんけんに勝ったことがないので、小林さんの本を買って持って行って…と思っていたのですが、直前に大きな仕事が入り本屋に行けず、断念しました(ーー;)

 

今度小林さんにお会いする機会には是非……!!

LAMP宿泊記(3)魅惑の朝食の後は、ご縁あって善光寺参り

おはようございます。

LAMPは今日もいい天気です^^

 

■魅惑の朝食

朝食は700円。ビュッフェみたいな感じです。
いろんなブログで洋食メニューを拝見しますが、この日は和食。

 

納豆や温泉卵のほか、あつあつおでんもありました!

 

 

細かい話ですが、食器がかわいい。

コーヒーカップはLAMPオリジナルマグカップだし、プレートはフィンランドのリビングウェアブランド ittara です!

 

あとで見たら、ittala のWebにも載っていました。
ほんとかわいいですよね。このしましま。

(出典:https://www.iittalashop.jp/)

 

お腹いっぱいになった後は、周辺散策。

雪で澄んだ空気の中、天気がよくてぽかぽかで、本当に気持ちがよかったです!

 

前日よりも温かかったので、桟橋の先まで出てみました!

めっちゃきれい。カメラに写りきらないのが残念ですが、180度ビューです!!

 

 

湖面が見えるところに移動すると、この湖がどれだけきれいかわかります。

底まで見える透明度の高い湖です。こんな中でカヤックとかやったら、ほんと楽しそう!

 

 

ちなみに支配人の堀田さんに教えてもらった、LAMPの裏の遊び場。

こちらも全景が写らなくて残念なのですが、除雪機で除雪した雪で山ができ、ここでソリができるそうです!!写真の下までスロープは続いているので、結構スピードも出て楽しそう。スキーの装備がなかったので、今回はすべりませんでしたが、次回は是非。

 

 

帰りは、支配人の堀田さんに駅まで送ってもらいました。

いろいろ遊んでいたら時間がなくなったのに、ちゃんと送ってくれました。車の中で、「どうしてゲストハウスやろうと思ったんですか〜?」とかそんな話をしてたんですが、楽しくて10分程度で駅に着いちゃったのが残念なくらい。また堀田さんともゆっくりお話したいな。

 

しなの鉄道の電車は真っ赤。さすがりんごの街ってとこなのかな!

 

 

駅では、近所の方が食品などを売っていて、わたしもりんごを買いました。

こんな大きなりんご3コで200円とか、激安なんですけど!!

会計システムが、「代金は駅窓口へ」ってのも、すごい。

 

長野駅到着。なんかすごくおしゃれ!!

 

NO PLANの旅でしたが、長野にお邪魔したのだから、善光寺さんにお参りしようと思い、行ってきました。行ってみて気がついたんですが、善光寺は近くを何回も通ったことはあるため、勝手に行ったような気がしていたんですが意外にも初めて足を踏み入れたことに気が付きました。そういう意味でも、今回はよい機会になりました。

 

善光寺って、「牛に引かれて善光寺参り」という言葉があるくらいなので、何かのご縁がきっかけとなって良い展開に連れて行ってくれるのかもしれません。

 

 

お天気にも恵まれ、楽しく過ごさせて頂きました。

改めてGOさん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

■参考URL

ゲストハウスLAMP

デジハリLIG上野校

 

■関連URL

LAMP宿泊記(1)デジハリ上野校を運営するLIGのゲストハウス”LAMP”に行ってきた。

LAMP宿泊記(2)ゲストハウスの醍醐味は、”コミュニケーション”にあり

LAMP宿泊記(2)ゲストハウスの醍醐味は、”コミュニケーション”にあり

前回のレポ(つづき)です。

こちらは、夕暮れの模様。

■LAMPは絶品ドリンクも勢揃い。

18時からは夜ごはんタイム、ということで、まずはビールを一杯。

ワインや日本酒の他、地ビールもたくさん用意されています!長野って地ビールいっぱいあるんですね!中には地ビールじゃないんですが、パタゴニアのビールがありましたwそんなのあるんだ!

そんな中、まだデジハリ卒業後でお金のない わたしが選んだのはリーズナブルなこちら。

長野の地ビール、CAPTAIN CROW。

あとで調べてみたら、オラホビールというところが出しているんですって!

めっちゃ香り高い!!美味しいビールでした。

■美味しいごはんもいっぱい!

サムロンタンと悩みに悩んで、キムチチゲにしました!

シェフが漬けた野沢菜が入っているそうです!!

野沢菜……ということですが、キムチにしたためか、とってもやわらかい、他では食べたことのない食感……。不思議だなーと思っていたところ、ごはんの後、シェフのマメさんからその秘密をお伺いしました!

こちらのチゲに入っている野沢菜は、普通の野沢菜じゃなくて、白菜との掛け合わせなんですって。

野沢菜って結構筋張っているのですが、生でも食べられるくらい柔らかいのだとか。だから煮込んでもおいしい。このお野菜を手に入れられるのは、すごいことだと思うんですが、LAMPができてから2年間、地元の方とのよい関係もできているからなんだろうな〜と思いました。

そして、エビとココナッツのカレーを注文。

理由は、「どれがおすすめですか?」と聞いたスタッフさん(複数)に、「エビとココナッツのカレーがおすすめですよ~。辛いのOKだったら!」と言われていたからです。東京に帰ってから、ああやっぱり食べたかった……と思うくらいなら、がんばって食べたい!って思って食べたんですが、本当に大正解でした。エスニックの中でも、他では食べたことのない味。エビは写真に写るぷりぷりエビの他に、小さな桜えびのようなエビも入っています。そして、エビのだしがめっちゃ効いています!!

これもマメさんに聞いたら、燻製したパプリカパウダーを入れているんだとか。そうすると深みの出る味になるんだとお伺いしました。LAMPに行く方は是非ご賞味ください!

■晴れていれば、満天の星空!

夜は、めっちゃ星がきれいでした。

実はね、夜、玄関先から見たんですよ。でも、そんなにキレイに見えなかった。たまたま支配人の堀田さんに「今日は星キレイですよ!」と言われたので、「さっき見たんですけど、そんなにいっぱい見えなかった~~~」と言ったら、建物の前だと建物の明かりであまり見えないらしいのですが、「湖面に行けるように雪をかいてあるので、そっちだったら見えますよ」と教えてくれました!

部屋に戻って、他の方にもそれを言うと、「是非見たい!」とのこと。更にその方のご友人も伴い、総勢3名で星ツアー。

最初は目がなれなかったので、雪道もあぶなっかしかったのですが、目が慣れてくると、月明かりがとっても明るい!!

月明かりに照らされて、木々や湖面がやわらかく輝く様子は、まるで物語みたい……!!!おまけに流れ星まで見えました!ちなみにわたしが撮影した写真はこちら。

んー。。。スマホカメラの限界(笑

でも、一緒に星を見た彼女たちとはとても仲良くなれて、今朝もたくさん話をしましたー。

特にアメリカ人の彼女は、WordPress歴10年の方とのことで、Web界隈の話もいっぱいしました。英語は苦手なんですが、同じ興味の人と話すと、「話したいことがある」状態に持っていけるので、楽しいものだな〜と思いました。

■宿泊スペースは、二段ベッド

ドミトリーは、男女兼用、女性専用があり、女性専用に宿泊させて頂きました!

各ベッドには、ライトが設置。

足元側はこんな感じ。

ちょっと寝台列車みたいな気分になります。

今日はここでおやすみなさい。

長くなってきちゃったんで、翌朝の模様は、

つぎにつづきます。。。

■参考URL

ゲストハウスLAMP

デジハリLIG上野校

 

■関連URL

LAMP宿泊記(1)デジハリ上野校を運営するLIGのゲストハウス”LAMP”に行ってきた。

LAMP宿泊記(3)魅惑の朝食の後は、ご縁あって善光寺参り

LAMP宿泊記(1)デジハリ上野校を運営するLIGのゲストハウス”LAMP”に行ってきた。

こんにちは。管理人Sです。

本名は使う気がないので、愛称をどうしようかな〜〜と思いながら、今日に至っております。

 

さて、今日は去年のデジハリ忘年会でのクイズ大会で、我がチームがもらったチケットで、LIGさんの運営する宿泊施設”LAMP”に参りました!!せっかくなんでその模様を、デジハリ校に関わる皆様にもシェアさせて頂きます!!

 

 

そもそもなんで、こんな流れになったかというと……。

去年のデジハリ上野校の忘年会で、我がチームが優勝。そして、優勝賞品が、「GOさん賞」ということで、品目はこちら。

・新幹線の往復チケット(1人分)

・LAMP宿泊券(3人分)

 

 

うちのチームは、本当は4,5人だったはずだけど、クイズにばっちり参加していたのは、わたしともう1人の卒業生でした。

で、われわれは、これをどうしてよいかわからず……。というのは、働いていてお金があれば、「お金足して割り勘で行こうか!」という話になるのですが、持っていたお金はデジハリにつぎこみ、日々吉野家で牛丼をかき込む生活。っていうことで、わたしにとっては、旅行なんて半額でも今の自分にとっては贅沢品だったんですー。

そうこうしているうちに、先週日曜日は、2016年7月生8月生の合同卒業制作発表会がありました。

その時、イベントの主催者さんからやっと新幹線のチケットを受け取ったのですが……。

 

ん?んんん??

2月末までと思いこんでいた期限は、なんと2月の18日まで。

 

 

なんと、この時点であと6日でした。一緒に飲んだ先生からは、「一人でも行ってきなよ!」と後押し。

ということで荷物まとめて急遽行くことに。

 

新幹線に乗り慣れておらず、新幹線の指定席の指定の仕方でもたもたしてたら、結構ギリギリ。

でもちゃんと乗れました。

 

 

そして、スタジオ上野LIG校がある、上野も通り過ぎました。

 

 

はくたかで1時間30分ほど。長野に到着!!

 

 

ここからは、「しなの鉄道」に乗り換えます。乗り換え時間が8分しかなかったため、慌ててしまい、名古屋行きの特急電車に乗ってしまいそうでしたが、ギリで気が付き、正しい電車発見。

 

 

しかし、こちらもギリだったため、電車の扉はしまったまま。

「あー。もう行っちゃったかなー」とか思っておりましたが、発見しました、この文字を。

 

 

手でドアを開けて無事乗車。

車内は日本人と同じくらい海外の人がいらっしゃいました。スキーの人たちが結構いるみたいですね〜。さすが長野。

 

 

こちらがLAMPの最寄り駅。ビッグスカイ!!

こちらから送迎の方にひろっていただき、10分ほど車を走らせると、LAMPに到着。

 

 

めっちゃ雪です。

こちらがフロント。でっかいだるまは何の願掛けなんでしょう……?

 

 

そしてカフェスペース。

オレンジの明かりがなんともいい雰囲気です。

 

 

別の確度から見ると、こんな感じ。

 

 

奥には本屋さんもあります。

カフェスペースでも自由に読めます。

 

 

LAMPの目の前には湖も……!!

めっちゃ氷はってます。寒そうです。落ちたらやばい……。

1人で落ちても誰も気づいてくれないので、リアルにやばいと判断し、先までは行きませんでした(^^;

 

 

ちょっと散歩した後は、またカフェに戻り…。3時のおやつ。

ホットアップルパイ、アイスクリーム添えです。

 

 

座ったところは本スペースの近くだったので、この本片手にゆっくりしようっと。

まさかのオライリー本です!!!

 

 

ちなみにこの本は、わたしが買おうかどうしようか迷っている分厚い本のシリーズです。

わたしが欲しい本はこちら。

 

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)
Jeff Potter
オライリージャパン
売り上げランキング: 5,394

 

 

今日はこの後は、お風呂に入って、魅惑のごはんが待っています^^

ブログなどで拝見していただけに、とても楽しみです!!

 

■参考URL

ゲストハウスLAMP

デジハリLIG上野校

 

■関連記事

LAMP宿泊記(2)ゲストハウスの醍醐味は、”コミュニケーション”にあり

LAMP宿泊記(3)魅惑の朝食の後は、ご縁あって善光寺参り

FONTPLUS DAYセミナー Vol. 6[筑紫書体の魅力について]に行ってきた。

こんにちは。昨日は、もうすばらしい日でした。

FONTPLUSのセミナーに繰り上げ参加。補欠でこんなの誰もキャンセルしないよ〜〜〜(泣)と思っていたのですが、雪が降ったせいか、まさかの補欠参加できることに!!

ということで、ありがたく行ってきました。

 

■藤田さんと祖父江さんについて

藤田さんは、言わずと知れた筑紫書体の生みの親。

わたしは去年放送のNHKプロフェッショナルを見ていたので、そのフォントへのあふれる情熱に感動して、是非お話を聞いてみたい方でした。
(こちらはNHKオンデマンドで今でも見れるようです^^)

(出典:https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2016070457SA000/)

 

また、祖父江さんは、わたしにとっては「伝染るんです」の装丁の方。

この本を見た時、「まんが」ではなさそうな装丁に度肝を抜かれたのを覚えています。「まんが」らしからぬ装丁。

それまで見ていた「まんが」本は、カラフルでつるつるした紙に覆われていて、「見て!買って!」というオーラがたっぷりだったんですが、この本はものすごく媚びてない。斜めに構えた姿勢を感じました。なんというか……装丁に主張を感じたんですよね。その時は、”装丁”という仕事をしている人がいることは全く知らなかったのですが、その後祖父江さんのことを知りました。

 

 

最近買った本でも、「すごい!何この装丁!!」と思ってジャケ買いしたこちらの本。

雑誌の人格

雑誌の人格

posted with amazlet at 17.02.10
能町 みね子
文化出版局
売り上げランキング: 26,342

家に帰って落ち着いて裏表紙をめくると、やはり祖父江さんのお名前がありまして、なんとなく「そりゃそうだ……」と思ったのでした。

もう、びっくりさせる装丁では、祖父江さんの右に出るものはないのです。(もちろん左に出るものも……)

 

■そして、イベント始まる……!!

はじめて生で見る、藤田さん。そして祖父江さん。

祖父江さんはまさかのベビーピンクのモヘアニット。

男性がピンクを着こなすのはむずかしい。ましてやベビーピンクのふわふわニットなんてますます難しいのに、自然に着こなす祖父江さん。

 

 

カメラがゆるされたのは、スライドが入らない最初の5分間だけ。

筑紫書体が生まれた背景や、藤田さんのこだわり。そして祖父江さんの「ここが好き」とのコメントが相まって、本当に楽しい対談でした。フォントを制作されたのは藤田さんですが、そのフォントを時折祖父江さんが「これはXXXXXXの時に使わせてもらいました」とはさむので、とてもわくわくさせられました。

よいものを作る人は、よいものを作る人との交流があって、そこにセンスの支え合いみたいなものがあると感じられて、そんな世界を垣間見れて、本当に楽しかったです。

 

■お二人とめっちゃ近い!懇親会。

イベント後は懇親会に出席しました。会場は、ソフトバンク・テクノロジーさんの入っている新宿イーストスクエアの敷地内のお店。会場の雰囲気はこんな感じ。

 

なんと藤田さんも祖父江さんも参加。

全デザイナーの憧れの的であろうお二方と、至近距離で話せるとか、本当に貴重。

こちらの写真は、還暦を迎えられた藤田さんが、主催者さまと会場のみなさまからのプレゼントを受け取られた時の写真。祖父江さんは還暦はまだですが、還暦の前祝いということで、祖父江さんにもプレゼントが。耳をかじってのポーズが、ふつうじゃおもしろくない!と言わんばかりの祖父江さんスタイルでなんともいいです。

 

 

この後、祖父江さんはわたしの隣にも来てくださったんですが、そのときに話をしたさまざまなことが本当にありがたいアドバイスでした。どんなことを話したかというと……と書きたいところですが、うまく表現できる自信がないので、今回は割愛。

 

ひとことだけシェアさせて頂くと……、祖父江さんがこんなことをおっしゃっていました。「整理整頓っておもしろくて、整理しようと思っても整理しきれないものがあるんだよね。それがおもしろいよね」と。そして、「それを隠しちゃだめ」とも。

 

おおっ。これはなんだか重要なヒントな気がします。

「えっ!どういうことですか?」と当然聞きはしましたが、とてもお答えを消化できている気がしないので、これから祖父江さんのインタビューや本でのご意見などを読みつつ、自分の知見を深めたいと思いました。

 

 

■おまけ

このセミナーでプレゼントされていた本があるのですが、それが以下の本。

もう家に帰ってくるなり、検索。めっちゃ評判よいではないですか!!

まずいちばん高い本。

 
その次に高い本。ちなみになんで「高い」って言っているかというと、じゃんけん大会の前に祖父江さんが「一番高い本ってどれ?」と確認されていたからです。どれもよい本の場合、たしかに一番高い本をプレゼントでもらって、後は自分で買うのがいいですものね^^

 

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)
祖父江 慎 藤田 重信 加島 卓 鈴木 広光
左右社
売り上げランキング: 104,700

こちらは月刊Mdn。Kindle Unlimitedなら、こちらは無料で読めます!!(※会員登録必要)

月刊MdN 2016年 7月号(特集:祖父江 慎、宇宙人に本という概念を問われたならば。)[雑誌]
エムディエヌコーポレーション(MdN) (2016-06-06)
売り上げランキング: 38,470

ついでに、こちらもチェックしました。

祖父江慎+コズフィッシュ
祖父江 慎
パイインターナショナル (2016-04-11)
売り上げランキング: 22,024

た、高い……でも、欲しい……とふるえる指を抑えましたが、内容はかなり魅力的。出版社がパイインターナショナルなのがまたやばい。パイさんということは、クオリティに妥協がなさそう。。。
ほしいけど、デザイン関係の本で既に破産状態なので、一晩寝て考えることにしました(汗

 

■筑紫書体のWebフォントを使うには?

なんと無料トライアルがございます!このイベントに出ると、フォントの違いや細かいエッセンスを実感してしまうがためにどうしてもフォントを使いたい衝動にかられるのですが、フォントというのは高いもの。高いから、どうやって使おうとか、どれにしようとか選別していると、使うことを躊躇してずっと使えない……が起こり得るのですが、このサービスはありがたいです。

(出典:https://webfont.fontplus.jp/trial/terms)

ライセンスが、2種類あるようなので、どちらにしようか、現在悩み中。。。是非使ってみたいと思います^^

 

■個人の感想と反省

今回イベントに出席してみて、フォントに対するモチベーションがものすごく上がりました。

だって、筑紫フォントと、他のフォントの比較とかでわかりやすく説明されると、もうその差は歴然。フォントって、デザインに関係ない人たちの中では「微差」だと思うのですが、わたしの中で、「ちがいがわからない”ちがい”はものすごく強い」という気持ちがあります。明らかに違うものだと、人は身構えるけど、違いがわからない違いは、潜在意識に訴えかけると思うからです。そして、人は、そのちがいに気が付かず、そのちがいを眼にして自分が取った行動は、自分の”意志”によるものだと考えがちです。押しの強い営業よりも、押しの弱いというかむしろ引くような営業をして、相手がおのずと行動すること、それを働きかけること、それは一番強いはずです。

これからは本も読みつつ、自分でも文字をトレースしたりなんかして、もっともっと学んで行きたいと思います!

「WordPressのお手軽セキュリティ対策セミナー」に行ってきた。

こんにちは。WordPress改ざんに2回も遭った管理者Sです。

昨日は、そんなわたし必見の、「WordPressのお手軽セキュリティ対策セミナー」に行ってきました。

 

こちらはEX-CLOUDさんとKUSANAGIさんのコラボイベントです。

会場は100名以上の方で大盛り上がり。

 

 

スケジュールは、以下です。内容としても盛り沢山ですねー。

スケジュール

時間 プログラム
19:00 開場
19:30 メインセッション ~プライム・ストラテジー社によるデモ(テキスト付き)~
・WordPressを使えるまでの設定をご紹介
・WordPress4.7から使えるようになったTwentySeventeenでのテーマ設定で見栄えの良いサイトの簡単設定
・プライム・ストラテジー社がお勧めするプラグインと初心者向けプラグインの紹介
20:10 休憩
20:20 なぜ高速!?話題のWordPress高速化マシン「KUSANAGI」についての解説/プライム・ストラテジー社
20:30 失敗しないWEBセキュリティについて(仮)/サイバーセキュリティクラウド社
20:40 高速化×セキュリティ対策かんたんに実現「WordPressホスティング」紹介/たなはる
20:45 懇親会(LT大会有!?)

 

■メインセッション「なぜ高速!?話題のWordPress高速化マシン「KUSANAGI」について」

まずは、WordPress初心者向け開設講座。

 

ご登壇は、プライム・ストラテジー社の方。
WordPressをEx-cloudでKUSANAGIで始める際の手順をご説明頂きました。

 

 

なんとこちら80ページ以上の資料つきです。

 

 

参加者100名以上で、こんな分厚い資料が出てきたのははじめて!

手順のひとつひとつがキャプチャつきで詳しく説明されているので、どんな初心者のかたでも設定できるかと。こちらの手順ひととおりで、ひとつWordPressサイトが始められるような内容でした。

 

■「なぜ高速!?話題のWordPress高速化マシン「KUSANAGI」について」

続いては、同じくプライム・ストラテジー社の岡田さんのプレゼン。

 

 

KUSANAGIがなぜ高速化できるのか?という内容です。猫耳をつけての登壇でした。

 

 

内容は、サーバーのしくみ寄りでちょっと難しかったのですが、こむずかしそうなサーバーについてでも、女子が話すと親しみやすく接することができる気がしました。ちなみに、プレゼン内で使用されていたKUSANAGIの速さを検証した動画はこちら。

 

 

■「失敗しないWEBセキュリティについて」

続いては、サイバーセキュリティクラウド社さんのセキュリティ対策のプレゼン。

 

 

こちらトップスライド写真を撮り忘れましたので、目次ページを載せます。

 

 

個人的に一番ツボだったのは、こちらのプレゼンでした。

なぜならば……みなさんご存知のように、

わたしは、WordPress改ざんに遭っているからです!!

 

セキュリティ対策のプラグインに脆弱性が見つかることもあるとのことで、いやはやWordPressは便利だけれどもナマモノだなぁ、最新情報をチェックしていかないといけないんだなぁ、とつくづく感じてしまいました。

 

■「高速化×セキュリティ対策かんたんに実現『WordPressホスティング』紹介」

最後は、NHNテコラスのたなはるさんがEX-CLOUDについてご紹介下さいました。

 

たなはるさんと言えば、先日のレベ研懇親会でもお手伝いくださった方です。やっぱり猫耳です。

 

 

お?いつになく真面目な表情……。

初心者にもわかりやすくイラスト入りのスライドで説明してくださいました。

 

この後、懇親会+LT大会となりました。

 

ここからは登壇者さまからお顔の写真使用許可を頂いていないので、スライドのみでご紹介。

 

 

中畑さんは、以前WordPressの勉強会なども主催されていたとのことでした。レンサバとそうじゃないサーバーの区別がついていないわたしには、ちょっとむずかし目でしたが、そんな世界が垣間見えておもしろかったです。もっと勉強します。

 

 

こちらはスパイスファクトリーさん実施の勉強会のダイジェスト版でさささーっとご紹介を頂いたのですが、40分の勉強会分をLTはされたとのことで、大変濃密でした。

 

 

開発者向けツールのご紹介など多数ありますので、WEBパフォーマンス上げたい方は、是非チェックしてみてください!

 

 

吉岡さんの発表は、もうとにかく制作されているサイト数と総合PV数がすごくて、圧巻でした。

普通に会社員やりながら、これだけできる……ということでしたら、一緒にイベントに参加した友人と、「我々もっとがんばらなければいけないよね。いつかいつかとか言ってたら、いつまで経っても出来ないもんね!」と発奮しました。

 

 

こちらはFashion Attendantというサービスを実施されている横路さんのLT。
ファッションコーディネートしてくれる人の「時間を買う」というビジネスです。
わたしもWeb制作界のそんなつなぎ役になるのは夢のひとつなんですが、実現している方を見ると、わくわくしました。

 

 

最後はCodeCampさん。エンジニアになるのではなくてもプログラミングを学ぶと、いいことあるんだよ!というお話と、CodeCampだと学びやすいよ!というお話。わたしも以前にCodeCampを利用させて頂いたひとりです。

 

 

そんなこんなで楽しく最後まで滞在させて頂きました。

お引き合わせしたい方もお引き合わせでき、新しく情報交換できる方もでき、とても有意義でした。

主催のみなさま、お疲れさまでした!

 

■そんなExcloudについて知りたい方は、こちらからどうぞ。

エクスクライドのWordPressホスティングは、14日間無料。
本当に早いので、是非体感してみてください!



■イベントについて詳しくお知りになりたい方は、以下のイベントページを御覧ください。

【イベントURL】WordPressのお手軽セキュリティ対策セミナー